【基礎中の基礎】男女別セールスライティングの書き方

BLOG MANAGE

こんにちは!
nyaです。

おんなのこ
おんなのこ

セールスライティングを覚えたいけど、具体的な書き方がわからない。

おんなのこ
おんなのこ

どうやって学べばいいいかわからない。

本日はこんなお悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • セールスライティングは男女で違います
  • 男女別のセールスライティング

セールスライティングは男女で違います

  • 女性向けのセールスライティング
  • 男性向けのセールスライティング

セールスライティングには大きく分けて上記2種類があります。

ただ売りたいものを書くわけではなく、目的に対するペルソナを大まかに決定する必要があります。
ターゲットが女性なのか、男性なのかで書き方が大きく違ってきます。

どちらの書き方をマスターするのかを決めよう

まず、男女どちらかのターゲットにしたセールスライティングをマスターしてみましょう。
男女で考え方の仕組みが違うので当然ですが、ここを理解してセールスライティングを学んでいかないと、なかなか上手くいかなくなってしまいます。

女性向けのセールスライティング

  • 商品のイメージ
  • 有名人の口コミ
  • ベネフィットを描く

女性向けのセールスライティングを書く場合は、上記3点を意識してみてみましょう。

女性が買い物をする時は、買い物という行動自体に快楽を求めます。

重要なのはどれだけ商品のイメージを上手く伝えることができるかです。データや証拠より、感情や直感を刺激する記事の内容の方が効果があります。

商品のイメージ

女性が買い物をする時は、買い物という行動自体に快楽を求めます。

機能や、スペックよりは「かわいい」と言う印象で直感買いで物をかいやすいです。
※これは、あくまで統計的な話なのでもちろん個人差はあります。

有名人の口コミ

社会的に影響力のある人物を記事内に盛り込むことで効果がグンと上がります。

例えば、芸能人や、インフルエンサーがSNSで商品をオススメしていたら、「私も使ってみようかな」と言う気持ちになります。 これは宣伝と分かっていても女性にとっては効果抜群なのです。

そのことをコンテンツにも含めることで、女性にとっての信頼性が上がるのです。

ベネフィットを描く

《ベネフィットとは?》
ビジネスシーンにおいて、「人が満足すること」「人が特をすること」という意味です。

データや証拠をなどを並べて商品の良さを伝えられるより、商品の全体的な構造、メカニズムを伝え、「ピン!」と来るような文章に興味を持ってくれます。

ベネフィットを描くことで具体的なシーンを想像させます。

《例》
「ドキドキするシーン」
「幸せなシーン」
「刺激的なシーン」
「恋愛的なシーン」
「褒められているシーン」

男性向けのセールスライティング

  • 商品の性能や、機能、スペックの説明
  • データや証拠を伝える
  • 信憑性、整合性

男性向けのセールスライティングを書く場合は、上記3点を意識してみてみましょう。

男性にとって買い物は、目的の物を手に入れるための行動なのです。そのため、その買い物自体がどれだけ優れているのかを説明する必要があります。

商品の性能や、機能、スペックの説明

男性が買い物をする時は、納得感の高い買い物をしたいという気持ちが多くあります。商品の性能や、機能、スペックを重要視します。

このような点が購入の大きなポイントになるので、文章の量も必然的に多くなってきます。

データや証拠を伝える

男性は、論理的に物事を判断する傾向があるので、政府や、大学、研究機関などの信頼できるデータを提供をすると効果的です。
信頼性の高いサイトを引用するなど、本能的に信じるようなものを提供します。

信憑性、整合性

表現と言うよりも、内容の詳細、信憑性、整合性が重視されます。
商品の詳細とともに、高評価の口コミと、低評価の口コミを3:1の割合で盛り込むと具体的で伝わりやすくなります。ユーザーの信憑性を高めることができるので効果的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
商品によってターゲットを考え、ライティングを分ける必要があることは理解できたと思います。

《女性向けセールスライティング》

  • 商品のイメージ
  • 「褒められたい」と言う他者からの印象
  • ベネフィットを描く

《男性向けセールスライティング》

  • 商品の性能や、機能、スペック
  • データや証拠を伝える
  • 信憑性、整合性

もちろん両方を極めると、男女どちらにも通用するようなセールスライティングを身につけることができ、かなり強いライターになることができます。
まずは自分の性別からマスターしていくのはいかがでしょうか?

参考記事 【簡単】ブログ初心者が最初にやるべき6つのこと【解決済みです

コメント

タイトルとURLをコピーしました